塗装現場レポート

練馬区 外壁工事 下地調整 ブリード現象 特徴 防止法 無料見積り

2021年3月12日更新

 

本日は下地調整の作業をしてきました。

 

サイディングやALCはその外壁材同士を固定する為に、
目地にコーキングという作業を行っています。

 

時間が経つとこのコーキングに使用しているコーキング剤が、
黒ずんで、ベタベタになることがあります。

 

それを「ブリード現象」と呼んでいるのですが、
この「ブリード現象」が起こる要因としては、
コーキング剤に含まれる可塑剤(かそざい)がにじみ出てくることにあります。

 

可塑剤(かそざい)が表面ににじみ出して、塗膜を軟化させたり、反応を阻害したりして、
汚れを吸着することで、変色してしまいます。
また、可塑剤(かそざい)による軟化や塗料との反応はかならずしも全ての塗料で発生するわけではありません。

 

最近では、コーキング剤が改良され、ブリード現象も減ってきていますが、
昔に施工されたコーキング剤の場合、ブリード現象が発生したまま放置されていることもあると思います。

 

では、その「ブリード現象」を発生させる可塑剤(かそざい)とは何なのかというと、
コーキングの柔軟性を保つために含まれているものです。
コーキング剤に柔軟性を持たせることで、
サイディングボードが昼夜の気温や熱の差によって膨張、収縮することに対応できるようになっています。

 

また、この「ブリード現象」を防止する為には、2つの方法しかありません。

 

それが、ノンブリードタイプのコーキング剤を使用するか、
塗装の際に、ブリード現象を防止するプライマーを使用するかです。

 

どちらも、施工の際にそういった部材を使用するかどうかの選択の問題となりますので、
作業を行う業者に確認をしてみてください。

⌘J⌘


東京都練馬区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社エージェント
https://gaiheki-agent.com/
住所:東京都練馬区上石神井南町12-9 カネカハウス1-B

お問い合わせ窓口:050-3187-3581
(8:30~18:30 日曜定休)

対応エリア:東京都練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-agent.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-agent.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-agent.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-agent.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車10m未満
  • ゴンドラ特別教育
  • 自由研削砥石特別教育
  • 足場等従事者特別教育
  • 他、多数

News & Topics