弾性塗料について

2020年7月7日更新

 

弾性塗料という物を聞いたことはありますでしょうか。

 

ゴムのように伸びる塗料で、
外壁がひび割れを起こしそうになると、
伸びて、割れるのを防いでくれます。

 

この弾性塗料には種類があり、
弾性塗料と微弾性塗料があります。

 

微弾性塗料とは、
通常の塗料(硬質塗料)と弾性塗料の間の伸び率を持つ塗料です。
ただ、基準は特になく、伸び率が50~100%の塗料が
微弾性塗料と呼ばれています。

 

そして、弾性塗料は
温度が20℃で、伸び率120%を超える物を呼びます。
こちらに関しては、JIS規格で基準が設けられています。

 

この弾性塗料と硬質塗料の違いをご存知でしょうか。
硬質塗料はアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の
主成分による4種類があることをご存知の方もいるのではないでしょうか。

 

そして、この内、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の
2液型の塗料に弾性を持つ硬化剤を混ぜた物を弾性塗料と呼んでいます。

 

ですので、この硬化剤の量によって、
微弾性か弾性が決まります。

 

この弾性塗料ですが、
基本的にモルタルの外壁にしか使いません。
まず、弾性塗料はひび割れが起こるところへ塗布する為の物ですので、
クラックの起こらない外壁に塗布する意味はあまり無いので、
クラックの起こるモルタルか窯業系サイディングにしか塗布しないのですが、
サイディングは熱を持ちやすく、「膨れ」が起きやすく、
塗装不良となりやすいので、弾性塗料を塗布することが少ないです。
その為、基本的にモルタルにしか塗布しないのです。

⌘J⌘


東京都練馬区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社エージェント
https://gaiheki-agent.com/
住所:東京都練馬区上石神井南町12-9 カネカハウス1-B

お問い合わせ窓口:050-3187-3581
(8:30~18:30 日曜定休)

対応エリア:東京都練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-agent.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-agent.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-agent.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-agent.com/contact/


 

練馬区、板橋区の施工事例

練馬区、板橋区の地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車10m未満
  • ゴンドラ特別教育
  • 自由研削砥石特別教育
  • 足場等従事者特別教育
  • 他、多数

News & Topics