塗装のタイミング

2020年10月9日更新

 

外壁の再塗装のタイミングは皆さん、分からないと思います。

 

状態としては、色あせ、チョーキング、藻、
クラック(ひび割れ)などの発生がした場合、塗り替えが必要です。

 

色あせ、チョーキングについては、劣化現象の初期症状の為、
すぐに塗装が必要な状態ではありませんが、劣化は間違いなく始まっている証拠ですので、
注意しながら、様子をみていただければと思います。

 

そして、平均的には約10年に1回、塗装を行うお宅が多いです。
これは、10年経つと藻やクラック(ひび割れ)が発生している事が多い上に、
塗料自体の耐用年数も10年程度の物が多いからです。

 

そして、季節的には、春の3~5月頃と秋の9~11月頃がオススメです。

 

何故なら、空気が乾燥しているため、塗料の乾燥が早いためです。
なので、塗料が乾くまでの待ち時間が少なくなり、工期も短く済みます。

 

逆に夏の6月~8月頃ですと、暑い上に、雨の日や台風が多いですし、
冬の12月~2月頃ですと、日照時間が短いため、作業時間が短く、
気温が5℃を下回ると、塗料は塗布出来ないので、作業出来ない日が出てきます。

 

しかし、春や秋もメリットだけではなく、
依頼が多くなるので、希望の日程が取りにくいデメリットがあります。

 

それに対し、運次第ではありますが、
夏は晴れていれば、暑く、日照時間が長いので、塗料の乾燥が早いため、
雨が運良く降らなければ、春、秋よりも工期が短くなる可能性があります。

 

更に、冬ですと、1月、2月が暖冬であれば、空気は乾燥していて、塗料が乾きやすいので、
こちらも運が良ければ、工期を短く出来る可能性を秘めています。

 

それぞれ閑散期となりますので、希望の日程を取りやすいというメリットもあるので、
天気予報も見ながら、タイミングを見ると良いと思います。

⌘J⌘


東京都練馬区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社エージェント
https://gaiheki-agent.com/
住所:東京都練馬区上石神井南町12-9 カネカハウス1-B

お問い合わせ窓口:050-3187-3581
(8:30~18:30 日曜定休)

対応エリア:東京都練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-agent.com/case/
お客様の声 https://gaiheki-agent.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiheki-agent.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-agent.com/contact/


 

練馬区、板橋区の施工事例

練馬区、板橋区の地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車10m未満
  • ゴンドラ特別教育
  • 自由研削砥石特別教育
  • 足場等従事者特別教育
  • 他、多数

News & Topics